“しっかりとした就業規則” が会社を守ります。安心して会社を経営したい小島経営労務事務所は経営者様の目線に立って 最適なご提案をさせていただきます。様々な問題を解決してきた 様々な問題を解決してきた 実績が豊富にございます。
小島経営労務事務所のご案内
各種パックプランのご案内当事務所は3つのプランをご用意しています。
メールで気軽に チェックしてもらいたい

就業規則をメールで送信していただければ、「法律に抵触していないか」などを確認し、コメントを添えてお返しいたします。コメントに対してのご質問は何回でもOKです!

詳細はこちら

わかりやすく 説明してもらいたい

Plan 1に加え、当所員が就業規則について直接ご説明いたします。「文書のみではわからない」「直接説明してほしい」という会社様には、このプランがお勧めです。

詳細はこちら

就業規則の”全て“ をお任せしたい

当事務所で強くお勧めするプランです。就業規則は社員への周知が一番重要なため、社員様への説明会も当所員が行います。
 

詳細はこちら

新着情報RSS
2016/04/01
平成28年度より雇用保険料率が引き下がります。
2016/02/25
平成28年度(4月分〜)の健康保険料率が下がります
2016/02/05
若者雇用促進法の3/1から施行される内容に関して
2016/01/29
短時間労働者の厚生年金保険・健康保険の適用拡大が始まります
2016/01/14
雇用保険のマイナンバー記載が始まっています
2015/12/08
ストレスチェック制度に関して
2015/11/16
マイナンバー収集における本人確認方法(雇用保険)
2015/10/14
日本年金機構に提出する住民票に関して(マイナンバー)
2015/10/07
派遣事業報告の様式変更や、提出期限が変わります。
2015/09/29
明日から被用者年金一元化法が施行されます
2015/09/16
厚生年金保険料率変更に伴う保険料表
2015/09/11
10月1日より、最低賃金が改定されます
2015/09/02
東京都の最低賃金が引き上げられます
2015/08/31
27年9月から厚生年金保険料が変わります!
2015/08/13
「避難先等へマイナンバー通知カード送付」総務省が手続きを公表しました
2015/07/29
同月中の被保険者資格取得と喪失に関する保険料の取り扱いが変わります
2015/07/23
平成27年10月に改正する適用事務に関して
2015/07/16
過労死防止対策大綱案を作成しました
2015/06/30
算定基礎届総括表に、登記簿謄本の添付が必要になる場合があります
2015/06/24
なりすまし防止の為の対策が講じられております
2015/06/18
東京都社会保険労務士会からのお知らせです
2015/05/29
平成27年度、労働保険の年度更新が始まります!
2015/05/26
「年金記録確認第三者委員会」を6月末で廃止
2015/05/11
マイナンバーに対する個人情報保護対策について
2015/04/15
過労死防止へ数値目標を設定
2015/04/08
年金分野のマイナンバー活用案
2015/04/03
4月1日から労災保険料が改定されました
2014/12/02
海外療養費の申請時、パスポートの写しが必要になりました
2014/11/27
【27年1月より】高額療養費制度が変更されます
2014/10/15
【東京都・助成金】H26年度ワークライフバランス推進助成金、募集中です
2014/10/08
【雇用保険】10月より、教育訓練給付が拡充しました
2014/10/08
【雇用保険】10月から育児休業給付金の取扱いに変更があります
2014/09/29
【社会保険】10月から資格取得時の本人確認事務が変更します
2014/09/29
【社会保険】10月から外国籍の方の「ローマ字氏名届」の提出が必要となります
2014/09/11
平成26年9月分から厚生年金保険料率が変わります
2014/07/31
外国籍の方の年金届出の変更について
2014/07/11
特定社会保険労務士とは
2014/06/11
各種助成金の拡充
2014/06/04
被扶養者資格(認定状況)の再確認の実施について
2014/04/25
平成26年3月分から介護保険料率が変わります
2014/04/25
連休は暦通りに営業いたします
2013/10/04
地域別最低賃金が改定されます
2013/09/04
平成25年9月分から厚生年金保険料率が変わります
2013/07/17
【高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付】平成25年8月1日から支給限度額が変更となります。
2013/06/05
平成26年4月1日から産前産後保険料が免除になります
2013/05/16
非正規労働者のキャリアアップを図る事業主向けの情報サイトが開設されました
2013/04/30
連休は暦通りに営業いたします
2013/04/24
両立支援推進のためのアイディア集が掲載されました
2013/02/14
労災保険給付にゆうちょ銀行口座指定が可能になりました
2013/01/28
人材育成を支援するための奨励金が創設されました


*就業規則作成の必要性*
常時10人以上を雇用するようになった場合、就業規則を作成しなければならない、と法律で定められています。 この10人の中には、パートやアルバイトも含まれます。 よって正社員が2人、パートが8名といった会社も作成することが義務となります。 一度作成した就業規則であっても、法律などが変わった場合、今度は就業規則の内容を変更しなければなりません。 そして、いずれの場合も所轄の労働基準監督署に届け出ます。 これらの実務を確実にこなすには、労働法を熟知し、想定される労使トラブルを回避するような、労務管理上の知識(法律の知識、判例の知識)が非常に重要になってきます。 とはいえ、これらに精通するには、多大な労力と時間がかかるため、専属の担当者を置ける会社以外は対応するのが難しいといえます。
社会保険労務士は、就業規則と労務管理のプロです。お気軽にお問合せ下さい。

  • 各種業務のご案内 詳しい内容は下記のボタンをクリックしてください。
  • 相談業務
  • 人事相談や労務相談、総務全般にかかわるご相談に対応いたします。
  • 手続業務
  • 社会保険・労働保険などにまつわる煩雑な手続を代行いたします。
  • 給与計算業務
  • 毎月の給与及び年間の賞与計算、明細の作成、勤怠の集計を行います。
  • あっせん代理
  • 都道府県労働局内の紛争調整委員会が行う斡旋(あっせん)制度の代理業務を行います。
  • 人事制度導入コンサル
  • 仕事における役割に応じた賃金制度や評価制度の導入を行います。

 

ページの先頭へ