兼業・副業の場合の労働時間管理|台東区で就業規則やマイナンバーのご相談は小島経営労務事務所へ 上野駅徒歩5分

  • 初回に限り
    相談1時間無料

    0362401657

    受付時間 | 9:00~17:00

  • メールでお問い合わせ

〒110-0015 東京都台東区東上野1-27-11 セイワビル7F

TOPICS

兼業・副業の場合の労働時間管理

 

〇質問

兼業・副業の場合、労働時間を通算するとのことだが、

この場合、例えば次のようなケースはどちらの会社が割増賃金を

支払うのか?

A社:9時から18時 実働8時間

B社:19時から21時まで 実働2時間

 

〇回答

労基法では労働時間を通算します。ただし、割増賃金の支払いについては

明確に定めていません。解釈で「労働契約を時間的に遅く締結した方」が

支払うことになります。これは、遅い方はすでに締結している労働時間について

把握しているだろう、という推定の元です。

会社に内緒で副業している人もいるため、この解釈は実務上は厳しいものがあります。

ページトップへ戻る