手続き業務|台東区で就業規則やマイナンバーのご相談は小島経営労務事務所へ 上野駅徒歩5分

  • 初回に限り
    相談1時間無料

    0362401657

    受付時間 | 9:00~17:00

  • メールでお問い合わせ

〒110-0015 東京都台東区東上野1-27-11 セイワビル7F

事例紹介

社会保険

在宅勤務者は雇用保険に加入するのか?

労働保険手続き社会保険

●回答

在宅勤務者は、就業管理方法により労働者にならないと評価されることがあります。

その場合雇用保険に加入できません(加入しないのではなくできない、です)

ただし、労働者性を満たす管理をすれば、加入できます。

小島経営労務事務所からのコメント

在宅勤務者は、原則被保険者となりませんが、次の5つの要件を満たし、雇用関係が認められれば被保険者となります。
最近はやりのテレワークを導入する場合、注意が必要です。
① 指揮監督系統が明確なこと
② 拘束時間が明確なこと
③ 各日の始業・終業時刻等の勤務時間管理が明確なこと
④ 報酬が、勤務した時間または時間をもとに算出されていること
⑤ 請負・委任的でないこと 
■出典:雇用保険事務手続きの手引き より

学生アルバイトの雇用保険と社会保険の加入について

その他社会保険

・質問

大学生をアルバイトで雇う事になりました。

学生は雇用保険、社会保険には加入しないでよいですよね?

・回答

〇雇用保険

被保険者となりません。(雇用保険法第6条)

 

〇健康保険・厚生年金保険

一般社員の所定労働時間および所定労働日数の4分の3を満たせば、学生でも加入します。

(健康保険法第3条、厚生年金保険法第12条)

小島経営労務事務所からのコメント

【雇用保険】
学校教育法第1条にいう学校の学生生徒で昼間学生は加入できません。
ただし、昼間学生であっても卒業予定者で、卒業後も引き続き雇用される予定の方は雇用保険の被保険者対象となりますので、雇用保険の加入要件に該当する方(週20時間以上、31日以上雇用されるなど)は加入してください。

夏季休暇などの休み期間のみ労働時間が増える昼間学生の方は、雇用保険の適用除外ですので加入しなくてよいです。

【健康保険・厚生年金保険】

学生でも、4分の3基準を満たしていれば加入となりますが、
特定適用事業所(常時501人以上の企業)に勤務する短時間労働者(4分の3未満)の適用に関しては、
生徒または学生は適用対象外となります。

ただし、次に掲げる方は被保険者となります。

・卒業見込証明書を有する方で、卒業前に就職し、卒業後も引き続き同じ事業所に勤務する予定の方
・休学中の方
・大学の夜間学部及び高等学校の夜間等の定時制の課程の方等

雇用保険にのみ加入している従業員は、産前産後休業を取得できないでしょうか?

その他社会保険

・質問

雇用保険にのみ加入している従業員は、産前産後休業を取得できないでしょうか?

 

・回答

社会保険の加入、未加入に関係なく取得出来ます。

小島経営労務事務所からのコメント

労働基準法第65条により、どなたでも産前産後休業は取得できます。

・産前休業
出産予定日の6週間前(双子以上の 場合は14週間前)から、請求すれば 取得できます。

・産後休業
出産の翌日から8週間は就業できません。
ただし、産後6週間を過ぎた後、本人が請求し医師が認めた場合は就業できます。

なお、産前産後休業期間について支給される出産手当金は、
社会保険に加入していないため、受給資格がありません。

重い病にかかった時の給付金について

その他社会保険

・質問

当社の社員が重い腎臓病(腎不全)にかかってしまいました。 まだ30代と若いのですが、日ごろの不摂生が積み重なっての 発病のようです。 現在、会社を休み、治療しながら傷病手当金を受給していますが、今後復帰できるかどうかも わかりません。この場合、何か社会保険から受け取れるような給付金は あるのでしょうか?

・回答

厚生年金保険から「障害厚生年金」を受給できるかもしれません。

 

小島経営労務事務所からのコメント

年金の給付には、老齢のほか「遺族」と「障害」の給付もあります。
本件のように現役社員であったとしても病気やケガで「障害等級」に該当した場合、年金給付を受けることが
できます。腎不全により人工透析を受けている方は、障害等級2級に該当するため、本件は受給できる可能性が高いです。
障害認定日は初診日から1年6ヶ月を経過した日です。
1年6ヶ月以内にその病気やケガが治った場合はその日をいいます。
人工透析を受けている方は、透析を受け始めた日から起算して3ヶ月を経過した日が障害認定日となります。

なお、障害年金は精神疾患などの場合にも受給できることができるため、人事担当者は知っておくと社員の
サポートができるかと思います。

第二子の育児休業給付金は受給できますか?

その他社会保険

  • 質問

第一子の育児休業から復帰して6ヶ月後に第二子の産前産後休業、育児休業に入る者がいます。

雇用保険からの育児休業給付金受給はできるのでしょうか?

 

 

  • 回答

受給できます。

第二子の育児休業を開始する日の前2年間に、11日以上勤務した月が12ヶ月以上あれば

受給資格があります。

小島経営労務事務所からのコメント

育児休業給付金は、雇用保険法第61条の4の規定により支給を受けることができます。

同条第7項に、「雇用された期間又は当該被保険者であった期間に育児休業給付金の支給に係る休業の期間があるときは、当該休業の期間を除いて算定した期間とする。」(中略)
とあります。
つまり、育児休業を開始する前2年間に、産休、育休、傷病等で30日以上働けない日があれば、その期間分を2年に加算して期間をカウントします。
例えば、復帰後6ヶ月で産休に入った場合で、その1ヶ月後二人目が生まれたとすると、
産休1ヶ月+一人目の育児休業が1年+2年の3年1ヶ月のあいだに11日以上働いた月が12ヶ月あれば受給できることになります。

産前休業開始日は出産予定日の6週間前と定められているので、その日以降は出勤してはいけないですよね?

その他相談業務社会保険

●質問

この度、従業員が産前休業と産後休業を取得することになりました。

出産予定日の6週間前の日が産前休業開始日だと伝えたところ

休業開始を延期し月末まで働きたいと申し出てきました。

産前休業開始日は予定日の6週間前と法律で決められているので

本人の希望する日から休業することはできませんよね?

 

●回答

その限りではありません。

労働基準法第65条(産前産後)には

1.使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあつては、14週間)以内に出産する予定の女性が

休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。

2.使用者は、産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。

ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと

認めた業務に就かせることは、差し支えない。

・・・と、定められています。

産前休業に関しては「出産する予定の女性が休業を請求した場合においては」と、ありますので

休業を請求する権利が発生するにとどまり、出産予定日以降も勤務することはできます。

しかしながら、産後休業に関しては産後6週間は勤務することは出来ず

「産後6週間を経過した女性が請求し、その者について医師が支障がないと認めた」場合のみ

業務に就くことができます。

産前休業は本人の請求により与えられるのに対し、産後休業は本人の請求の有無に関係なく

与えられなければならない休業ですので、ご注意ください。

小島経営労務事務所からのコメント

ご質問のように、産前休業を42日前からきっちり休ませることが「義務」だと勘違いされている人事担当者の方がいらっしゃいます。
産後は「産後の肥立ち」と言われることからも絶対的な静養が要請されますが、産前は、そのような規制がありませんので、ご本人が希望されれば、月末や賃金の締切日まで勤務するなど、柔軟な対応をすることができます。
また、会社様と女性社員の方がよく話し合っていただくことで、社員様各々がベストな形で産前休業に入れる体制作りの一端となるかもしれません。

傷病手当金をもらっている人が任意継続した場合

社会保険

●質問

当社で病気のため会社をずっと休んでいる者がいます。

この者から先日退職届が出てきました。

退職後の健康保険は任意継続被保険者になるようです。

少し調べてみたのですが、退職後、任意継続すると傷病手当金が

支給されないと聞きました。この者の傷病手当金の支給はストップしてしまうのでしょうか?

 

●回答

要件に該当していればストップしません。

退職後の給付というのがありまして、継続して被保険者期間が1年以上あること。

この要件を満たせば退職後ももらい始めて1年6か月間は傷病手当金を受けることができます。

確かに任意継続被保険者には傷病手当金はありませんが、在職時の要件により

任意継続したとしても、引き続き受給することができるのです。

 

 

小島経営労務事務所からのコメント

任意継続について多い質問です。
傷病手当金がもらえなくなるのは、本人にとってかなりの
不利益となりますので、正しい知識が必要になってきます。

傷病手当金の待期には休日も含むのですか?

社会保険

●質問

現在、会社を休んでいます。この間、お給料はもらえないのですが

健康保険から「傷病手当金」という制度があると聞きました。

そして、最初の3日間はもらえないとも聞きました。

そこで質問ですが、この3日間には土曜、日曜などの休日も含まれるのですか?

 

●回答

はい、含まれます。待期は連続した3日必要ですが、この日数には

休日も含むことになっています。

小島経営労務事務所からのコメント

育児休業明けでカムバックした場合の再就職手当

社会保険

●質問

当社で、育児休業のため止む無く退職した女性社員を再度雇用することになりました。

この場合、雇用保険の再就職手当は受給できるのでしょうか。

 

●回答

受給できません。再就職手当の支給要件に「離職前の事業主に再び雇用されたもので

ないこと」とあるため、この要件により受給できないことになります。

小島経営労務事務所からのコメント

再就職手当は、要件が細かく決まっているので気を付けてください。
他にも過去3年以内に再就職手当を受けていないこと、などの要件もあります。

中小企業の社会保険適用拡大

社会保険

●質問

平成29年4月から中小企業も週20時間以上働く人について、社会保険に入らなくていけない、と

聞いたが本当ですか?

 

●回答

いえ、強制ではありません。ただし、地方公共団体に属する事務所は強制加入となります。

当面は、「労使合意」の上での加入となりますので、強制とはなりません。

★ ご参照

http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2017/20170315.files/01.pdf

小島経営労務事務所からのコメント

ページトップへ戻る