• 初回に限り
    相談1時間無料

    0362401657

    受付時間 | 9:00~17:00

  • メールでお問い合わせ

〒110-0015 東京都台東区東上野1-27-11 セイワビル7F

事例紹介

給与計算

入社後すぐ退職した者にも社会保険料がかかるのか

給与計算

●質問

当社の社員Aは、入社したのですがすぐに辞めてしまいました。

11月1日入社、22日退職。

面接時に少し危ないな、と思ったのですが、案の定長続きしなかったです。

このような場合であっても社会保険料はかかるのですか?

日割りにならないのですか?

 

●回答

社会保険料は1か月分かかります。また、日割りにもなりません。

 

小島経営労務事務所からのコメント

人手不足のおり、上記のようなケースが増えている気がします。
会社も社員に求めるものが縮小してきており、労働者の方が
他にいくらでも働き口があるから、とすぐに辞めてしまうケースが目立ちます。

企業の社会保険負担分なども説明し、入社したからにはしっかり腰を据えて
仕事をするよう指導したいきたいところです。

月末で退職した場合は社会保険料は2か月分かかるのですか

給与計算

この質問はとても多いのですが、シンプルに考えると答えが出てきます。

保険料の徴収サイクルは、

開始:資格の取得した日の属する月から

終了:資格の喪失した日の属する月の前月まで

この言い回しがやっかいですが、「喪失日」とは、退職日の翌日です。

よって、月末で退職すると、次月の1日が喪失日になるため、退職日の

月まで保険料がかかるというわけです。

当月徴収の会社などもありますので、どこまでの保険料を取るか、を確認して

保険料の徴収を適切に行いましょう。

小島経営労務事務所からのコメント

ページトップへ戻る