顧問契約

Advisory contract

顧問契約とは

社会保険労務士を最大限活用するには、顧問契約がおすすめです。社労士と継続的にお付き合いし、コミュニケーションを深めていくことでその会社独自の労務課題に顧問社労士が適切に対応できるようになります。

また、労働保険・社会保険、労務管理関係の法律は改正が頻繁に行われ、情報収集が大変ですが、社労士が顧問することにより、その会社にあった形での法改正対応のアドバイスが得られます。

顧問契約には1.手続顧問、2.給与計算、3.労務相談顧問の3種類がありますが、会社の現状に合わせて選択できます。比較的大きな企業は3の労務相談顧問を選択されることが多く、企業したばかりのベンチャー企業は、すべて委託するケースが多いです。

当事務所が選ばれる理由

顧客に寄り添った最適なプランをご提案

当事務所で、顧問先様とお付き合いする上で心がけていることは、100社あれば100通りの労務管理方法がある、ということです。会社の業種、規模、成長過程、経営理念、そこで働く人の価値観などにより労務管理手法も人事労務のあり方も様々です。経営者や人事担当者の価値観を最大限尊重し、その会社にあった独自のやり方を一緒に考えながら最適解を模索します。また、気軽にメールや電話で相談していただける事務所でありたい、と願っております。

サービス内容

社会保険労務士は、労働保険・社会保険、人事労務に関するスペシャリストです。
複雑で多岐にわたる人事労務関係の書類の作成、申請に精通しています。
また、人事労務管理分野では、採用から退職までの労務管理、
働き方改革にあった就業規則や諸規程の作成、運用、人事評価制度、労働時間のアドバイス等をいたします。

相談顧問

当事務所では企業様向けとして、毎月一定の報酬により何度でも相談できるプランをご用意しております。助成金のご案内や人事労務のトラブル、必要に応じた他士業のご紹介、法改正に伴う最新情報の共有など、さまざまなご相談内容に対応可能です。相談顧問は人数により報酬額が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

対応内容

1

新しい助成金の情報提案

2

人事労務相談対応

3

他士業ご紹介(税理士・公認会計士・弁護士・中小企業診断士・行政書士等)

4

法改正をどう自社に適合させるかのアドバイス

手続き顧問

給与計算は自社等で行っているが、社会保険、労働保険関係の手続きについて、書類の作成から申請までを社会保険労務士に委託したい企業様におすすめのプランです。毎月一定の報酬で、保険の加入時や従業員の入社・退社時、病気やケガに伴う補償など、会社の経営とそこで働く従業員に関連するさまざまなお手続きの代行が可能です。報酬額は人数により異なりますので、あらかじめご了承ください。

対応内容

1

行政機関等への書類作成・提出・申請手続きの代行

2

助成金の提出代行

3

就業規則及び諸規程作成の支援

料金

初回ご相談 無料
在籍者10名まで 顧問報酬2万円~(税込)
在籍者20名まで 顧問報酬3万円~(税込)
在籍者30名まで 顧問報酬4万円~(税込)

よくあるご質問

ページトップへ戻る